トップ

AGAの悪化を防ぐ

AGAの頭皮環境とは

頭皮環境を良くしてAGA改善

中高年になってから薄毛で悩む人は、30代辺りからその兆候が見られることが多いです。少し髪が薄くなって来たり、抜け毛が目立つようになってきたりするのを気にしている人も多いでしょう。そういった場合には、早めに対策を講じておくことでAGAを防止することが可能です。放っておくと、AGAがどんどん進行してしまうため、注意しましょう。AGAを悪化させないためにこちらをご覧ください。

ドラッグストアなどでは、たくさんの育毛グッズが置いてありますが、頭皮環境があまり良くないと、育毛グッズを使ってもあまり効果が期待できません。さまざまな育毛グッズや発毛剤を使用しても、なかなか効果が出なかったという人も多いかと思います。そのため、自分の頭皮がどのような状態になっているのかを、しっかり認識した上でAGA防止に取り組みましょう。

頭皮の環境をチェックするポイントとしては、まず頭皮の色や柔らかさを見てみるといいです。健康的な状態であれば頭皮は青色っぽくなっています。皮脂が過剰な場合には黄色っぽくなり、炎症を起こしているようなときには、赤くなっていることが多いです。そして、頭皮の柔らかさも重要です。あまり固いようであれば、毎日マッサージをするようにしましょう。そうすると少しずつ柔らかくなっていきます。

AGAの兆候を気にする人は抜け毛が多いというケースがよく見られますが、その抜け毛の状態もチェックしておきましょう。頭皮の状態を知るための貴重な判断材料になります。単に抜け毛の数が多いからAGAが進行するというわけではなく、十分に成長していない毛が抜けてしまうことに問題があります。抜け毛のほとんどが太くしっかりした毛であれば、自然に生え替わった毛であるため、あまり心配はいりません。しかし、細く先のとがった毛が目立つようであれば、AGAが進行してしまう可能性が高いです。細いということは十分に成長していない状態で抜けていることになるためです。先がとがっているということは、最後に散髪をした後に抜けたということを意味します。

頭皮が健康は状態の人でも、抜け毛全体の1割程度は細く先のとがった毛が含まれていますが、そういった毛が3割を超える場合には要注意です。AGAが進行する前に対策を講じておく必要があります。

Copyright © AGAの頭皮環境とは. All rights reserved.